忍者ブログ
キングダムオブカオスが分からない方は見ないほうがよろしいかと。
[18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 激というのは、単純で頭の働きが鈍く、物事を直感で捉えることしかしない。
 時折、彼に思考の切れ端のようなものを見て取れることもあろうが、それは直感を延々と疑い続けただけの産物であって、決して思考と呼ぶにふさわしい働きではない。
「……なぁ、親仁。アレは、あんたの趣味かい?」
 どこぞのバーのカウンター。
 そのテーブルを背もたれに、カウンター越しに立つこの店のマスターに向かって、仰け反るような姿勢で問う。
 もっとも、視線だけは彼……激自身の正面に向けたままという、器用なことをやってのけながらだ。
「あぁ、違ぇよ……なんでも流しの歌い手らしくてな。一晩だけ歌う場所を貸して欲しいつってきてよ」
「へぇ……こんな小汚ぇ酒場に、ねぇ」
 薄暗い照明に照らされ、銀色に光る片眼鏡越しに非難の視線を送られるも、激は気にした風も無く笑った。
 既にこういうやり取りを何度と無く繰り返しているのか、マスターもその笑みに肩をすくめるのみだ。
「……まぁ、確かに、考えられんがな」
 ぽつり、そう漏らしたマスターと激の視線の先には、その歌い手が立っていた。
 彼女、の口から流れ出るのは、渇ききった空気に優しい暖かさをもたらし、人のとげとげしい部分を優しく包み込む歌声。
 柔らかな声音が耳に穏やかに滑り込んでくる感覚は、快楽に近い。
 そしてなにより、その場にあるだけで人を和ませるに足る、不思議な空気を纏った美人だ。
 彼女の暗褐色の髪が揺れる様は、たとえ歌が無くとも絵になるというもの。
「ふーむ……」 
 己と歌い手の間に置くようにグラスを掲げ、茶の湖に浮かぶ氷塊越しに彼女を眺める激は、その歪んだ像に微笑みかけながら呟く。
「にしても、よ」
「あ?」
 マスターの応えは上の空だ。目の前の男に不審げな一瞥をくれてから、この小さな舞台の歌姫に蕩けかけた視線を送り続けている。
「人間っつーのは、良いよな」
 掲げたグラスを今度は周囲へと移していき、そこに移る客の像を歪めながら、笑った。
 多いとはいえないまでも、決して少なくない客達は、その激の様子に気づくはずもなく、談笑に興じたり、あるいはマスターと同じように歌い手へ視線を注いでいる。
「本当、良いもんさ」
「……何が言いたいんだ?」
「さぁて、ね?」
 仰け反るようにマスターへ笑みをくれてから、グラスの液体を一気に呷り……咽る。
「無理するなよ。あんた酒弱ぇんだから」
「っごほっ……矛盾を抱え、罪を犯し、悔やみ、憤り……そして憎みながら、それでも楽しく暮らそうっつー人間ってぇいきもんは、すげぇよ」
 湖は干上がり、氷塊だけが転がるグラス。それが奏でる音を歌の中に混ぜて楽しみながら、歌い手を眺める。
「……どうした?咽た時に酒が脳みそまでいったか?そりゃ大変だ、直ちに酒抜きしねぇと耳から脳みそ流れ出て死んじまうぞ?あーあかわいそうにご愁傷様」
「はっは!親仁も上手いこと言うねぇ褒美として今日の酒代ツケてあげよう」
「ふざけるな真っ先に死ね」
 これもまたいつもの応酬だ。
 激と、マスターがやる、コミュニケーションの一種である。
「冗談だよ、冗談……にしても、良ーい歌だな……」
「ったく……・」
 尊大な姿勢を崩さず、グラスをマスターに向かって揺らしておかわりを催促しながら。
「酒代はきちんと払えよ」
 その言葉に笑みで返してから、今度はグラスを舐めるようにして酒を口に入れる。
「ん……本当、良い歌さ」
 誰にも聞こえないほどの小声で、ため息混じりにそう呟いた。
 そして彼女の歌声は滔々と流れ、人の合間に滑り込んで彼らを優しく包み続ける。
 彼女の暖かい歌が、人々の心を蕩けさせる。
 激には分からない、未来を喜び今を悦ぶ歌が。



反省も後悔もしている。

てか、やべぇ、まったく駄目だ。
いい加減、頑張らないと。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
管理人
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析