忍者ブログ
キングダムオブカオスが分からない方は見ないほうがよろしいかと。
[7] [6] [5] [4] [3] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

演習にろくに参加できなかったので、鬱憤晴らしに設定を記す。
ちょこちょこ追加していったりするかもしれない。

名前:激
年齢:23前後と思われる
性別:男
性格:自称豪放磊落の楽天家。実はやや甘えん坊。
外見:筋肉質。短めに切った黒髪に黒い瞳。主に赤い着流しを着用。
詳細設定
「鬼の一族」と言い伝えられるとある一族の末裔。
幼い頃に一族と離れ離れとなり(実際は『覚醒』により一族を滅亡させた)、一人流浪の身であったところを『天狗』に拾われ、育てられる。
魔力が無いため魔法の類が一切使えず、幼い頃に教え込まれた剣術に自分なりの解釈と、異常な膂力を加えた剣を遣う。但し、彼の遣う剣は洗練されているとは言えず、傍から見ればただ単に適当に振り回している様にしか見えない。そして、実際その通りである。
現在は刀をある場所に隠しており、力任せに相手を殴り、投げると言う流派も何も無い戦い方をしている。
一族の集合意識が作り出した『灰色の世界』と、『覚醒』を能力として持っているが、前者に攻撃性は無く、後者は能力を制御する事を覚えぬまま力のみが増したため、自由に操る事は出来ない。
彼の主な身体的特徴は「硬い」「(力が)強い」「死に難い」「非常に重い」という非常に分かりやすいものであるが、これは後に詳しく述べる『覚醒』と『灰色の世界』によるもの。
尚、『激』という名前は前述の『天狗』から与えられた名前であり、本名は『衛斗』という。

覚醒
一族全員が持つ特有の能力。
現れ方は様々であり、勘が鋭くなるといった些細な恒常的能力から、己自身を変化させるといったものまで種種様々。
激の場合、「巨大な異形の姿になる」という一族の中でも稀有な現れ方をしており、彼が変化したその姿は「山の如くそびえ、獣の如く食い散らかし、その足は地を揺るがし、その目はただただ虚空を射抜き、その口は万物を貪るためにある」という。一族は彼の能力が暴走した時、誰も止めることが出来なかった。
彼の身体的特徴は、この能力の兆候の一つ、あるいは後遺症ともいうべきものである。

灰色の世界
一族の集合意識が海としてたゆたう、一面灰色の世界。
彼ら一族にしか認識することができず、また踏み入る事は出来ない。
これは彼ら一族が概念の存在に近いためである。
激の死に難い体質は、一族のこの「概念の存在に近い」ことが由来となっており、彼を殺すには「彼を知る者」が一人残らず居なくなる必要がある。
その意味で、彼は最も死に難い生物の一つであり、非常に他人に依存している存在である。


彼が所有する赤い鎧。
両肩の所謂「袖」の部分には鬼の顔が配されており、非常に禍々しい見目をしている。
これを含めこの鎧は、彼の『覚醒』能力の一部、その中でも主に覚醒時の暴力性の現れであり、激自身と一心同体。
独自に意思を持っているかのように動いて、近隣の魔力や気力を喰らうことでその姿を保っている。
非常に重く、物理抵抗はそれなりだが、呪術や魔法といった類の攻撃に強い。


現在は『灰色の世界』に安置されている彼の愛刀。形状としては打太刀に近い。
出自が不明で、激自身も「気づいたら持ってた」と言っているほど。
二振りあり、それぞれ赤い刀身と青い刀身を持っている。
激が使っても壊れる事は無い。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
管理人
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析