忍者ブログ
キングダムオブカオスが分からない方は見ないほうがよろしいかと。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気を抜けば意識を持っていかれそうな毎日の中で、「今日は死ぬには良い日だ」という境地は、遠い。
PR
「そんなにすぐにおびえちゃだめだよ。さもないと生きていくことはきみの手に余ることになるよ」
                  ―――フィリップ・K・ディック 『流れよわが涙、と警官は言った』
少しでも自分達と違う人に対して、排他的になる。
「違う」ということを「合う、合わない」ということにしておいて。
それは、かつて身内であった者たちにまで向けられ、それでいて優しい笑顔で善人ぶるのだ。
全くもって面白い。
何が面白いかって、誰かのためになることを考えている(らしい)人間までが、そんなことをすると言うこと。

甘く、心地の良い集団というのは、とても素晴らしいな。

ふと、己を含む総体、あるいは社会としての人々を俯瞰で眺めるという心を持つと中々笑える話が多い。
しかし、それを「人間だもの」と端から諦めたように言うのはどうかね?
酸いも甘いも知り尽くし、それらを受け止められるようになった人間こそが言う台詞であって、例えば俺のような若造が言える台詞じゃぁ無ぇ。
おうごんの もゆるくさのは のぞきみれば ながれておちる たまのしずくよ
これ以上付け加える物が無くなった時でなく、これ以上取り去る物が無くなった時が完成だ - アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ


物事を生み出す時、一点に集束、洗練させるのは必要不可欠である。
しかし何が真に必要で、何がただ単に必要そうなだけなのかを見極めるのは難しい。
選択肢は膨大にあり、その多くが必要なように見えるが、実際にはほとんどが無くても良い、むしろ蛇足の類であり、必要不可欠なものというのは
一割にも満たないだろう。

無論、言葉の端を捉えて解釈するなら、上記の通りではないことぐらい俺もわかっているが、その反面、上記のことが前提にあるからこそ、他の解釈が受け入れられるのではなかろうか、とも思う。

などと考えながら、今日も俺は女の子の理想的な体型を思い浮かべる作業に入るのであった。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
管理人
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析